サポートSUPPORT

固型式ライフジャケット

推奨表

「レジャー用ライフジャケット(固型式)」とは、浮力・強度・水上での性能(浮遊姿勢など)・着心地等の試験基準を満たしたライフジャケットです。その性能確認試験基準は、平成26年度に日本小型船舶検査機構を事務局とする「レジャーで使用する個人用の浮力補助具に関する業界の性能基準策定に係る委員会」が策定主体として検討し、定めた基準です。

大人用 子ども用

脚注

浮力は、表示重量の鉄片を淡水中に24時間以上吊下げる力を示したものです。
ランクがまたがる使用環境で適応表に迷われた場合は、1ランク上の商品をご使用いただくことをおすすめします。

  • ※1 磯での釣りには固型式ライフジャケットをおすすめします。外洋に面した沖磯など、潮流が速く、波の荒い磯場がメインとなる場合は、L1をおすすめします。
  • ※2 外洋に面した沖堤をメインにする場合は、L1をおすすめします。
  • ※3 渡船を利用しない、防波堤、筏・カセ、海釣り施設の場合は、L3の着用もおすすめします。
  • ※4 波が高い場所で釣行される場合には、L2のご使用をおすすめします。
  • ※5 琵琶湖や霞ヶ浦のような大型淡水域では、L2のご使用をおすすめします。
  • ※6 着用義務違反にはなりませんが、渡船(磯等渡し)を利用する場合は、浮力7.5kg以上のライフジャケットをおすすめします。
  • ※7 子ども用は体重を目安にお選び頂き、40kg以上の場合は大人用から体格に合ったものをお選びください。

船釣りをされる方へ

  1. 日本小型船舶検査機構 性能鑑定適合品「レジャー用ライフジャケット(固型式)」は小型船舶の法定備品として使用できません。
  2. 遊漁船(渡船)を利用し、磯等渡し及び磯釣りを行う場合は、国土交通省の型式承認品でないライフジャケットでも使用できます。
  3. 法令や条例で救命具の着用義務等が定められている場合には、国交省認定品(桜マーク)を着用してください。
    詳細は国交省海事局HP: http://www.mlit.go.jp/maritime/index.html

基礎知識

レジャー用ライフジャケット 【日本小型船舶検査機構性能鑑定適合品ライフジャケット(固型式)】とは、浮力・強度・水上での性能(浮遊姿勢など)・着心地等の試験基準を満たしたライフジャケットです。その性能確認試験基準は、平成26年度に日本小型船舶検査機構を事務局とする「レジャーで使用する個人用の浮力補助具に関する業界の性能基準策定に係る委員会」が策定主体として検討し、定めた基準です。

一般社団法人 日本釣用品工業会 ホームページ : http://www.jaftma.or.jp/standard/lj/index.html

Q&A

Q
船釣り(遊漁船)で使用できますか?
A
使用できません。
①レジャー用ライフジャケット 【日本小型船舶検査機構性能鑑定適合品ライフジャケット(固型式)】は、小型船舶の法定備品として使用できません。
②遊漁船(渡船)を利用し、磯等渡し及び磯釣りを行う場合は、国土交通省の型式承認品でないライフジャケットでも使用できます。
③法令や条例で救命具の着用義務等が定められている場合には、国土交通省の型式承認品(桜マーク)を着用してください。
Q
型式承認品ですか?
A
レジャー用ライフジャケット 【日本小型船舶検査機構性能鑑定適合品ライフジャケット(固型式)】は型式承認品ではございませんので、小型船舶の法定備品として使用できません。
Q
磯や防波堤などの渡船時には使用できますか?
A
遊漁船(渡船)を利用し、磯等渡し及び磯釣りを行う場合は、国土交通省の型式承認品でないライフジャケットでも使用できます。

水産庁 ホームページ :http://www.jfa.maff.go.jp/j/enoki/yugyo/what/attach/pdf/index-4.pdf

一覧に戻る